個人輸入医薬品通販サイトのバリフ販売状況はどうなっている?

バリフの販売状況について

バリフの販売状況について

医薬品通販サイトでは勃起不全を改善するバリフが現在でも販売されています。バリフはバイエル社が開発した勃起不全の治療薬であるレビトラのジェネリック医薬品です。

現在では製造中止となっていますが、これまで製造された分を海外へ輸出することは中止となっていません。そのため販売状況としては、今後も在庫がなくならない限り購入できるという状況です。

インドでは医薬品の特許について他の国々とは大きな違いがあります。医薬品の一部の特許が認められていなかったため、他の国では販売されていないジェネリック医薬品が販売されていました。

バリフもそのようなジェネリック医薬品の一つで、日本でも多くの利用者が個人輸入して使用しています。本家のレビトラよりも、遥かに安い価格で購入得できるというメリットがあります。

新薬の開発には莫大な額のコストがかかるため、一般的な国々では新薬の特許が認められ保護されています。しかしインドでは特許が認められないため、安価なジェネリック薬品が製造・販売されていました。

レビトラを開発したバイエル社は1973年に設立された日本の製薬会社です。インドの裁判所へ、レビトラのジェネリック医薬品の製造と販売の中止を求めて訴訟を起こしました。

2017年の1月にバイエル社の主張が一部認められ、バルデナフィルを含む医薬品が製造停止となっています。そのためバリフを製造することはできなくなりましたが、海外への輸出と販売は停止されませんでした。

現在でも医薬品通販サイトを利用して個人輸入が可能という販売状況になっています。製造中止となったので、これまでに製造された分の在庫がなくなれば販売も終了します。

バリフは本家のレビトラよりも安い価格で勃起不全の治療ができるので人気があります。多くの人が残った在庫を求めている状況なので、近い将来販売が終了すると予想されています。

ただし在庫がなくなったとしても、他にレビトラのジェネリック医薬品が存在するので安価に勃起不全の治療を行うことはできます。

バルデナフィルを含むジェネリック医薬品にはジマトラ、サビトラ、ブリトラがあり、これらのジェネリック医薬品を利用すれば安価に勃起不全の治療が可能ですが、将来的に製造・販売が中止となる可能性もあります。

全てのジェネリック医薬品が製造・販売を中止された場合には本家のレビトラを使用するか、バイアグラなど他の治療薬のジェネリック医薬品を使用する方法が考えられます。