個人輸入通販サイトでバリフが販売中止になっているのは事実なのか?

本当にバリフは販売中止?

本当にバリフは販売中止?

バリフは大人気のレビトラジェネリックで、販売中止にする理由はないように思えます。しかし実際は製造が中止されているので、まもなく販売中止となるでしょう。

製造中止なだけで在庫がある所は販売していますが、いずれ在庫はすべてなくなります。製造中止になったことで価格が高騰する可能性はありますし、すでに完売したところも少なくありません。

製造が中止された以上は、今後入手することは不可能になるでしょう。そもそもバリフが製造中止となった理由は、レビトラの製造元がジェネリックの製造を中止するように訴訟を起こしたからです。

自社の利益を害するジェネリックの販売をさせないためであり、高等裁判所でバリフの製造を禁止するように判決が出ました。最高裁にまでもつれ込む可能性は低いと考えられているため、今後バリフが再販される可能性は非常に低いと言えるのです。

製造中止なだけで在庫がある所は現在において存在しますが、ずっとあるわけではありません。もともと人気のジェネリックなので、すぐに在庫切れしてしまうでしょう。全般的に見てみると大手より中堅会社のほうが在庫を置いているケースが多いと言えます。

個人輸入はまだ成分特許が切れていない薬を購入できるのが最大の魅力でした。例えば日本のクリニックではバイアグラのジェネリックが存在しますが、レビトラやシアリスは存在していません。

これは成分特許が残っているためですが、インドでは自国の法律によって製造・販売ができたのです。このたびそれができなくなり、格安のレビトラジェネリックが販売できない動きになっています。

今後もジェネリックに対する風当たりは強くなるでしょうが、すべての薬が一斉に販売中止になるわけではありません。少しずつ販売を自粛する動きに変わっていくことが予測されますが、しばらくは購入可能でしょう。

個人輸入を利用している方にとっては、バリフを購入できないことは残念でしょう。実際に他のジェネリックに乗り換えている方もいるので、今後はED治療薬の売れ筋商品も変わっていくはずです。

気に入ったED治療薬があるなら、多めに購入しておくことをおすすめします。ジェネリックなら1錠200円より安く購入できる商品が多いので、レビトラの1割程度の安値で入手できます。

保存性のある薬なので多めに用意しておいて問題ないですし、調子がよいときは服用しないで性行為をしてみるのも手です。段階的に薬を減らしていく方法もありますが、立たないときは無理をせずに服用しましょう。