同じレビトラジェネリックのブリトラの販売状況詳細

ブリトラの販売状況について

ブリトラの販売状況について

バリフを中心としたレビトラのジェネリックがインドで製造中止が決まりましたが、それにブリトラももちろん入っています。

そのため現在では製造はされていませんが、販売中止は決まらなかったため、在庫がある場合に限り販売はそのまま続けられています。では販売状況はどのようになっているのでしょうか。

ブリトラは20㎎、40㎎、60㎎の3種類が販売されていますが、比較的に体格の小さな日本人向け、というよりは体の大きな外国人向けといったイメージがあるためか、最初から取り扱っていない薬の通信販売業者もあります。

また販売していても日本人の体格に合わせて20㎎のみを販売している、ということも珍しくありません。

仮に40㎎や60㎎を購入する場合は、ピルカッターなどで1カットが20㎎になるようにカットし服用する必要があり、有効成分が多いほうが効きそうな気がする、と思いこみ40㎎や60㎎を服用してしまうと副作用が強く出たり、最悪の場合は命にかかわる危険性もあるため、絶対に止めましょう。

残念ながら薬の通信販売業者によっては現段階で在庫切れによってバリフが購入不可になっていることがありますが、バリフをまだ購入可能な業者ではブリトラもまだ購入できる状態にあります。

そのためまだ購入に関しては可能ではありますが、在庫切れになっている業者がある以上、在庫に余裕があるわけではないかもしれません。

在庫がないからと慌てて偽物を購入すると健康に被害が出る可能性があるため、正規の販売ルートを確立している業者をしっかりと見極めてから購入しましょう。

ブリトラが20㎎、40㎎、60㎎の3種類があることは先述しましたが、長期的に使用するため出来れば複数個を一気に購入したい、と考えているのであれば、40㎎や60㎎を購入してピルカッターを使用することも1つの方法です。

有効成分が倍になったからといって値段が倍になるわけではないため、コスパに優れている使用方法であることが言えますし、1箱で2倍にも3倍にも使えることを考えれば、ブリトラをこれから手に入れることが難しい現実に対処することができるかもしれません。

それでもカットすることで何となく成分が変わりそうな気がしたり、ピルカッターがあるとはいえ上手に割ることが出来ないかもしれない、と考えるのであれば20㎎を使用する方が安心できるかもしれません。

在庫が完全になくなる前に、必要な場合は薬の通信販売業者の在庫チェックをしてみましょう。